看護師が円満にやめるための退職理由と準備について

看護師が円満にやめるための退職理由と準備について

転職をお考えの看護師の皆様、転職をする際の事前準備は知っていますか?

 

仕事とは「明日から辞めます!」こう言って辞められるものではありません。

 

就業規則に乗っ取り計画を立てて進めていく必要があります。

 

それを今からご紹介しますね。是非参考にしてみてください。

 

上司に退職の意思を伝える

ほとんどの職場は、『退職する場合は〇ヶ月前には申し出ること』といった就業規則があるはずです。それに合わせて上司に退職の意思を伝えます。

 

法律的には14日以内となっていますが、そこは職場の規則に従ってください。

 

なるべく早く申し出て、次のシフトを作成する前に申し出ましょう。そうすれば勤務体制に迷惑をかけることがありません。

 

今の時代、看護師が不足しています。そのために上司は必ずあなたを引き留めてきます。

 

「何か職場不満があるのなら改善するから」

 

「もう少し考えてみて」

 

「今辞められるとほんとに困るのよ」

 

このような言葉を使って必ず説得してきます。

 

もしあなたが『改善してくれるのであれば……』『もう少し頑張ってみようかな』と思うのならそれもいいのです。

 

しかし、本当に辞めたくてもう限界なのであれば、きっぱりとお断りしましょう。私たち看護師にも職場を選ぶ権利がありますし、辞める権利だってあるのです。

 

断る理由として上司が納得しやすいのが…

 

<退職の円満理由は>
・家庭の事情(介護や子育て等)のため
・結婚や妊娠、出産のため
・スキルアップのため(ほかの診療科目を勉強したいなど)
・進学するため
・転居するため(通勤が困難)
・健康上の理由

 

人間関係の問題や、勤務体制や給与の不満であれば、上司に改善策を提示されて引き留められる可能性があります。そうならないためにも上司が納得しやすい退職の理由を説明しましょう。本当に辞めたくて限界であるなら、正直に退職理由は言う必要はありません。

 

私の退職理由は、『健康上の理由』でした。

 

じつは勤務中に倒れた事や、熱を出して早退していたことがあったので、上司はすんなりOKを出してくれましたね。ずっと私の体調を気にかけてくれていたので、「その方がいいわ」といってくれました。全く引き留められませんでした。(もしかしたら上司は私が辞めてくれてホッとしたかもしれません)

 

仕事をスタッフに引継ぎをする

早く申し出ておけば、職場側は不足したスタッフの補充をするために、新しいスタッフを募集します。

 

もし、あなたが在籍中に新しいスタッフが入ってきたら、その人に仕事を教えて引き継ぐのがあなたの役割です。

 

私が教えた方法としては、仕事の流れ、検査の手順、物品の準備方法などをまとめたメモを作成し渡しました。これがあれば、辞めた後でも大丈夫です。

 

他にもスタッフの人間関係なども口頭で教えました。

 

「あの人は優しいから、何か聞きたいことがあれば頼っても大丈夫です」
「この人は要注意です。気をつけてください」など……

 

一般的に仕事以外の情報はいらないかもしれませんが、女性だらけの職場にとって、その中で上手くやっていくことは何よりも重要です。何かあって新しいスタッフにすぐ辞められたら困りますし、何より責任を感じてしまいます。

 

在職中に新たなスタッフが決まらない場合は、今いるスタッフに必要事項を伝えておきましょう。できれば上司である主任や看護師長が良いです。

 

引継ぎをしながら転職活動もする

いまの職場を辞めてから、新しい職場を探すのでは遅いです。

 

すぐハローワークや求人誌で探しても、いい職場を見つけるのには時間がかかりますし、その間の生活費に困るかもしれません。ブランクの期間が空いてしまえば、手技が劣ってしまい感覚を取り戻すのに時間がかかってしまいます。
なるべく在職中に新しい職場を探しましょう。

 

休みや有給をとってハローワークに行くのも良いのですが、『看護師転職サイト会社』であれば、働いているあなたの代わりに良い求人を探してきてくれます。良い求人を探してもらうためには、はじめにヒアリングで希望条件をしっかり伝えることが重要です。

 

ですので、自分はどういった職場でどんなふうに働きたいかを明確にしておくことが必要です。

 

私の場合は「自分の体力に合った職場がいい」といった希望があったので、それに合った職場の求人を探してもらいました。

 

辞める理由は、人それそれで違いがあります。次の職場の希望も人によって何を優先するかで違うので、事前に看護師転職サイト会社のコンサルタントに伝えておくようにしましょう。

 

コンサルタントは転職のプロなので、きっと良いアドバイスをしてくれますよ。

 

さいごに

以上、お役に立てましたでしょうか。

 

職場を辞める時にはなるべくなら、『円満退職』したいものです。

 

そのためには就業規則に従って、早目に上司に退職の意思を伝えるようにしましょう。

 

合わせて新しい転職先も事前に決めておくとスムーズです。

 

あなたが新しい職場で、自分らしく働けることを祈っています。

 

⇒泌尿器科看護師っていったいどんなことをするの?業務内容や給与は?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
TOP 泌尿器科の看護師になるために 給料・待遇 転職 業務解説 ブログ