泌尿器科の病気「前立腺肥大症」」と「前立腺癌」の看護について

泌尿器科の病気「前立腺肥大症」」と「前立腺癌」の看護について

泌尿器科の患者さんは、ほとんどが男性の患者さんです。およそ8割でしょうか……。

 

腎臓内科になると女性の患者さんもいらっしゃいますが、泌尿器科だけでみるとほとんどが男性の患者さんですね。

 

年齢は60代から80代くらいが多いです。

 

その中でも一番多い病気が『前立腺肥大症』です。今日はその病気についてお話したいと思います。

 

前立腺肥大症とは?

初診でいらした患者さんの問診をした時に、60歳以上で症状が「尿の出が悪くて、残尿感がある」といった症状を訴えたら、前立腺肥大症の可能性があります。

 

前立腺肥大症の自覚症状としては……

 

<前立腺肥大症の排尿障害>
・排尿回数が多い
・排尿時に力を入れないと尿が出ない
・切迫感がある
・尿に勢いがなく、ちょろちょろと出る
・尿のきれが悪くて、いつもでもトイレに入っている
・排尿後に残尿感がある
・排尿後にすぐにまたトイレに行きたくなる
・夜間に何度もトイレに行く

 

前立腺肥大症の患者さんは、このような症状を訴えます。

 

前立腺肥大症は、その病名の通りに前立腺部が肥大して尿道を圧迫し、その結果尿が出にくくなるといった症状が出ます。

 

ひどくなると『尿閉』になり、カテーテルを挿入して尿を出さなければなりません。

 

泌尿器科に通院されているほとんどの患者さんが、前立腺肥大症で治療をしています。(もちろんほかの病気で通院されている方もたくさんいますよ!)

 

前立腺肥大症の診察方法や検査について

前立腺肥大症とよく似た症状の病気が『前立腺癌』です。

 

これを分類するために、医師の診察やくわしい検査をします。まずは腹部超音波検査です。腹部超音波検査をしてみると、前立腺の肥大がよくわかります。

 

通常であれば、前立腺の大きさはクルミ大の大きさですが、肥大していると前立腺がその何倍もの大きさになっているのが画像を見てわかります。前立腺は加齢とともに肥大するものですが、個人差があります。

 

その後、直腸内前立腺触診をします。この時に観察するポイントは、前立腺の大きさ、硬度、痛みがあるか、触り心地(表面)です。普通の前立腺肥大症は、表面がつるっとしていて、左右対称の大きさです。

 

しかし、前立腺がんは左右非対称で、触り心地が石のような硬さがあります。しかし、これだけでははっきりとした診断にはならないので、採血をします。

 

前立腺癌の採血とは?

前立腺がんの腫瘍マーカーはPSA(prostate specific antingen)です。

 

正常値は4.0ng/ml以下です。施設によって数値が若干違います。3.0〜3.5以下に設定している施設もあります。

 

この数値が正常範囲であれば、『前立腺肥大症』と診断されますが、もしこの数値が高いのであれば前立腺癌の疑いがあり、確定診断のために『前立腺生検(P生検)』を受けなければなりません。

 

しかし、癌だから必ずPSAが高くなるわけではなくて、肥大症の程度によって高くなる人もいますし、採血前日の射精や尿道カテーテルを挿入した刺激でPSAが高値になってしまう場合もあります。

 

前立腺肥大症の治療とは

前立腺癌が無ければ、前立腺肥大症の治療をします。

 

患者さんのほとんどは、薬物治療です。これで大体の患者さんが排尿時の症状が軽快します。

 

しかし、肥大の大きさによっては尿閉を繰り返してしまう人もいます。尿閉になると、尿が出なくて苦しいですし、悪化すれば尿路感染症や腎機能低下を引きを超すこともあります。その場合には手術が検討されます。

 

経尿道的前立腺切除術TUR―Pが行われます。内視鏡を尿道から挿入して、肥大した前立腺を切除する方法です。

 

ほかにもレーザー療法やステント留置がありますが、いまのところTUR−Pが一般的ですね。

 

「手術は怖くてしたくない……」といった患者さんには、薬物治療とカテーテル留置か自己導尿の選択肢があります。

 

患者さんへの日常生活の指導

前立腺肥大症の治療をしている患者さんは、日常生活で気を付けなければならないことがいくつかあります。

 

<日常生活での注意点とは>
・アルコールの飲みすぎは、尿閉になる可能性があるので注意すること。(まれに風邪薬で尿閉になる人もいるので、服用したい時は医師か薬剤師に相談すること)
・排尿を我慢しすぎない。
・長時間の運転やデスクワークで座りっぱなしにならないようにする。
・適度な運動を心がける。
・刺激物(コーヒーや辛い食べ物)はなるべく控える。
・便秘にならないように、便通を整える。
・身体の(主に下半身)の冷えに注意する。
・処方された薬は用法用量を守って必ず服用すること。
・尿閉になった時には、我慢しないですぐに病院を受診する。

 

日常生活の指導は、主に看護師が行います。

 

患者さんのこれまでの日常生活を聞き出して、どこを改善すればよいかを指導していきます。

さいごに

前立腺肥大症は泌尿器科でよくみられる病気です。

 

泌尿器科看護師であれば、治療法針や日常生活の指導など勉強しなければいけませんね。

 

患者さんもよく診察の後に「先生には聞けなかったけど、こういった場合はどうすればいいですか?」と看護師によく聞いてきます。

 

その時に、丁寧に説明することによって患者さんと看護師の信頼関係も良くなりますよ。是非勉強してみてくだいさいね。

 

 

次回は血尿患者の問診実務についてみていきましょう。
泌尿器科でみられる血尿って?どんな病気が隠されているの?問診実務

 

 

 

※泌尿器科看護師についてはTOPページへ
⇒泌尿器科看護師っていったいどんなことをするの?業務内容や給与は?

 

※泌尿器科看護師に転職したい方はこちら
泌尿器科看護師に転職するにはどうすればいい?ハローワークの利用は?

 

※泌尿器科看護師の給料・待遇についてはこちら
泌尿器科看護師の給与は?待遇は?有給や残業ってあるの?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
TOP 泌尿器科の看護師になるために 給料・待遇 転職 業務解説 ブログ