泌尿器科『尿道カテーテルによる導尿』の実務について解説

泌尿器科『尿道カテーテルによる導尿』の実務について解説

泌尿器科の診療科目でよく行われる処置は『尿道カテーテルによる導尿』です。

 

もちろん泌尿器科以外の診療科目でも、よく行われる処置ですが、泌尿器科であれば毎日のように何人も導尿の処置をします。

 

一時的な導尿はネラトンカテーテルを使い、長期的な導尿は尿道留置カテーテル(バルーン)を使用します。

 

わたしが働いていた泌尿器科クリニックでは、基本的には医師が導尿の処置をしていましたが、医師が忙しい時には看護師が代わって処置をしていた時もあります。

 

導尿の処置は、簡単な手技と思われがちですが、実は医療事故が多い手技でもあります。

 

尿道カテーテルによる導尿とは

導尿とは、尿道カテーテルを挿入して、膀胱内に溜まった尿を排出させるものです。

 

導尿は排尿困難時に行われる処置であり、一時的な導尿と持続的な導尿があります。

 

一時的導尿とは

検査のため無菌的に尿を採尿する場合や、尿閉、残尿の一時的処置として行います。

 

医療者が行うものと、患者さん本人が行う自己導尿があります。医療者が行う一時的導尿の原因は、『前立腺肥大に伴う尿閉、残尿』が一番多いです。

 

尿閉を起こすと、患者さんは排尿しようとトイレに行っても尿が出なくて、とても苦しそうです。その場合は腹部超音波検査を行い膀胱に尿がたまっているのを確認して、一時的導尿を行います。もし医師が忙しい時には看護師が行います。

 

患者さん本人が行う自己導尿ですが、これは『二分脊椎症』『脊髄損傷』などの神経障害で排尿障害を起こしている患者さんが行います。自己導尿の条件としては、手の動作に支障がない人、清潔の操作を必ず守れる人です。これができない人であれば、持続的に尿道カテーテルを留置してもらうことになります。

 

自己導尿の指導は看護師が行います。物品の操作、カテーテルの挿入の仕方、カテーテルの消毒方法などを行います。医療機関で完璧に出来るようにならなければ、自宅で自己導尿はできません。間違った使い方をすると細菌が侵入して尿路感染症を起こしてしまいます。看護師はその患者さんに合った指導方法をしましょう。

 

わたしがよく行っていたのは、自己導尿用のパンフレット作成しました。これなら自宅に帰ってからでも見直しができますし、患者さんに好評でした。パンフレットの内容はカテーテルの操作だけではなくて、発熱や背部痛があったら受診するようにと注意事項なども付け加えました。

 

持続的導尿とは

尿失禁、尿閉の患者さんや、手術中や手術後、自分で排尿が困難な患者さんに行います。

 

クリニックに通院している患者さんの他にも、施設に入居中の利用者さんが車椅子やストレッチャーでよく交換に来院していました。

 

長期でバルーンカテーテルを留置していると、様々なトラブルが起きます。

 

例えば、尿路感染症、膀胱結石、カテーテル閉鎖による尿漏れや尿閉、カテーテル抜去など……医療事故として一番多いのがバルーンによる尿道損傷です。

 

医療従事者がカテーテルが膀胱まで到達していないのに、バルーンを膨らまして尿道損傷を起こすというものです。

 

 

教科書には「男性はカテーテルを15センチから20センチ挿入する」と書かれていますが、それは個人差があり、人によって違いがあります。ですので、20センチくらい挿入したら必ず尿流失を確認して、そこからまたカテーテルを少し進めてください。そこで固定をします。注入時に抵抗や患者さんが痛くないかを確認します。

 

尿道損傷を起こしている場合は、固定水を抜いて再度新しいカテーテルを挿入しますが、挿入困難な場合があります。この時には無理をしないで医師に代わってもらいましょう。

 

尿道カテーテルを挿入するときの注意点

女性の長期的な尿道バルーンカテーテル留置をしている患者さんもいます。女性で一番多いトラブルは尿道と膣を間違ってしまうことです。

 

若い人であれば尿道と膣の見分けがつくのですが、高齢になると陰部周辺の皮膚に張りがなくなって非常に見ずらいです。この時は、仰臥位で寝てもらい、膝を立てて股関節を外転してもらいます。見やすいようにライトで照らしたほうがいいかもしれません。

 

男性の場合は、前立腺肥大症があると入りにくい箇所があります。カテーテルを挿入している最中に抵抗があり挿入困難な時に、そのままカテーテルを強引に入れると尿道の中でカテーテルがとぐろを巻いてしまうということもあります。この時は無理をせずに医師に代わってもらうようにしましょう。尿道の中でとぐろを巻いてしまうと、抜去困難となります。

さいごに

以上です。

 

導尿の処置は看護師にとって基礎的なものではありますが、じつは奥が深いです。きちんとした知識がなければ、医療事故や尿路感染症などに繋がってしまうので注意しましょう。

 

導尿の処置は、基礎看護技術の本に必ず記載されています。泌尿器科で働く前に事前に勉強しておけば働きやすいと思います。

 

 

⇒泌尿器科看護師っていったいどんなことをするの?業務内容や給与は?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
TOP 泌尿器科の看護師になるために 給料・待遇 転職 業務解説 ブログ