膀胱鏡検査「チスト」の実務について

膀胱鏡検査「チスト」の実務について(泌尿器科で最も多い検査)

泌尿器科でよく行われる検査として、膀胱鏡検査があります。

 

『cystoscopy』といい、医療現場ではよく「チスト」と呼ばれています。医師が「チストするよー」というと「膀胱鏡をするから準備して」という意味です。

 

わたしが働いていた、泌尿器科クリニックでも毎日のように膀胱鏡検査がありました。

 

これは外来でも病棟でも、泌尿器科であれば多く行われる検査です。

 

今日はこの膀胱鏡についてお話しします。看護師の役割についてぜひ参考にしてくださいね。泌尿器科看護師をするのであれば必須の検査です。

 

膀胱鏡とは

膀胱鏡は、尿道から内視鏡を挿入して膀胱を観察する検査です。

 

膀胱鏡の検査で観察できることは……

 

  • 尿管口の状態(出血原因が膀胱内ではなく、尿管からの出血の場合は、左右どちらの尿管口か確認できる)
  • 粘膜の炎症
  • 腫瘍の有無
  • 結石の有無
  • 出血部位
  • 尿道狭窄

 

膀胱鏡検査で、一番目的として多いのは『膀胱腫瘍』の疑いがあるときです。

 

例えば症状で、「肉眼的血尿があった」「健診で潜血反応がでた」と来院された患者さんが腹部超音波検査や尿細胞診で、膀胱腫瘍が疑われたときに膀胱鏡の検査をします。

 

そのほか膀胱腫瘍術後の定期検査や、膀胱結石除去、尿管カテーテルの挿入の時にも行われます。

 

患者さんへの説明

膀胱鏡検査では、内視鏡を挿入する時に痛みを伴います。

 

膀胱鏡の種類で、硬い素材の『硬性鏡』と柔らかい『軟生鏡』があります。軟生鏡ではさほど痛みはありませんが、硬性鏡はとても痛いです。(どちらを使っているかは施設によります)

 

痛みに弱い患者さんであれば、事前に座薬の痛み止めを使用することもあるので、事前に患者さんに確認しましょう。女性は尿道が短くまっすぐなため、さほど痛みはありません。

 

男性は尿道が長いのでかなり痛がりますので、検査前にゼリーの軽い麻酔をします。麻酔薬のアレルギーがないか患者さんに確認します。

 

検査は10〜20分程度で終了します。

 

身体に力を入れると内視鏡が入りにくくなりますし、痛みがますます強くなります。患者さんには「検査中は口で呼吸してリラックスしてくださいね。」と説明しましょう。

 

検査の流れについて

患者さんには検査前に排尿してもらい、下半身はすべて脱いでもらいます。その後、検査台に仰臥位で寝てもらいます。

 

この時に寒くないように、両足に足カバーをはいてもらいます。看護師はプライバシーに注意して、周りから見えないようにカーテンをして、陰部をタオルでおおいましょう。

 

検査前にバイタルサイン測定をします。男性の場合は、検査前に麻酔のゼリーを注入します。ペニスクレンメでとめて10分時間をおきます。女性は麻酔はしません。

 

患者さんには砕石位をとってもらいます。男性や足に麻痺などがある患者さんは、苦しい体位なので、クッションを利用してたり、足台を低くして工夫します。その後外陰部を消毒します。

 

準備が整ったら、医師が膀胱鏡を挿入します。

 

注意点

 

膀胱鏡の検査の物品は、すべて無菌操作で準備します。

 

検査準備から検査終了後まで患者のそばを離れないようにします。(特に女性の時は注意する)検査準備をしながら一般状態を観察したり、声をかけて緊張を和らげてもらえるように心掛けます。緊張をほぐすことで、検査がスムーズに行うことができます。

 

・膀胱腫瘍があった場合は、病理検査のために生検を行うこともあるので、看護師は医師の介助をします。患者さんの観察をしながら、医師の指示も聞き逃さないように注意します。

 

病理検査に提出する容器は、必ず患者さんの氏名を書きましょう。。取り違えに注意します。

 

<検査が終了したら>

 

検査が終了したら、検査台からゆっくりと降りてもらい服を着てもらいます。少し出血する人もいるので、ナプキンやカーゼを渡します。

 

患者さんには、検査後は感染予防のために水分をたくさんとって排尿するようにと説明します。もし帰宅後に多量の出血や発熱があるときには、すぐに診察に来るように伝えましょう。軽い膀胱炎の症状や少しの出血であれば、2、3日でよくなると教えます。男性の場合は切迫感が強くなる人が多いです。症状が強い時には抗生物質が処方されます。

 

生検をして病理検査をした患者さんには、後日結果を聞きに来院するようにいいます。

 

おわりに

以上です。

 

胃や大腸の内視鏡検査であれば、一般的になじみもあり知っている患者さんや看護師も多いのではないでしょうか。

 

しかし膀胱鏡だと知らない患者さんも多いので、検査前にどのような流れなのかを説明してもらえれば、安心ですよね。

 

泌尿器科の膀胱鏡は、使用する物品を無菌操作するというところです。もし膀胱鏡から細菌感染したら、膀胱炎や腎盂腎炎を起こす可能性もあるので、注意しましょう。(滅菌操作に気を付けていても、内視鏡の刺激で膀胱炎になってしまうこともあります)

 

膀胱鏡は泌尿器科で一番多い検査なので、働く前に勉強しておくといいでしょう。

 

次回はレントゲン撮影についての実務を見ていきましょう
レントゲン撮影と造影検査の看護実務について

 

 

 

※泌尿器科看護師についてはTOPページにまとめていますのでご参考に
⇒泌尿器科看護師っていったいどんなことをするの?業務内容や給与は?

 

※泌尿器科看護師に転職したい方はこちら
泌尿器科看護師に転職するにはどうすればいい?ハローワークの利用は?

 

※泌尿器科看護師の給料・待遇についてはこちら
泌尿器科看護師の給与は?待遇は?有給や残業ってあるの?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
TOP 泌尿器科の看護師になるために 給料・待遇 転職 業務解説 ブログ