泌尿器科の看護師になるために

泌尿器科の検査は恥ずかしい?看護師さんに見られない?

泌尿器科看護師の患者さんに対する羞恥心やプライバシーの配慮とは?どんなところに気を付けてるのか。

 

みなさんは、泌尿器科にどのようなイメージを持っていますか?

 

わたしが泌尿器科で働くことになった時、周りの家族や友人にそのことを話したところ……

 

「え!!なんで泌尿器科で働くの?」

 

「見たり触ったりするんでしょう?大丈夫なの。嫌じゃない?」

 

周囲にすごく心配されて戸惑ったことがあります。

 

実際に私自身は、泌尿器科のことを『はずかしい診療科目』なんて思ったことが一度もありませんでした。

 

それを聞いて、世間からする泌尿器科に対する評価ってこうなんだなと思ってしまったことがあります。

 

今日は一般の方からの泌尿器科看護師への疑問にお答えしようかと思います。

 

Q1、泌尿器科で看護師さんに見られてしまうことはありますか?

この疑問が一番多かったです。

 

これは患者さんの性別、年齢、病気、処置、検査内容によります。

 

医師の診察内の問診や視診、触診、超音波検査などは基本的には看護師がいなくても出来るような診察内容になるので看護師は付きません。(念のため先生から何かしらの指示があるかもしれないので、カーテンの隅で待機しています。)

 

子供や高齢の患者さんは、診察の時に誘導や衣服の着脱のお手伝いをしますから、その時にはずっと付き添っています。

 

若い男性患者さんの時には、ほとんど介助につきません。

 

それはやはり男性の患者さんは、女性看護師に話を聞かれたりみられることが恥ずかしいと思うので、そこは気をつけて配慮するようにしています。

 

しかし、看護師も仕事ですから、医師の指示があった時だけ、診察室に入って検査や処置を介助します。

 

実際のところ男性の陰部を見たところで何とも思いません。

 

それは、看護師は働ているときに、陰部をそういった目で見てないという意味です。ハッキリ言って『ひとつの物体』としか思わないのです。

 

なので「泌尿器科に行きたいけど、看護師さんに見られるのが恥ずかしいから診察に行けない」なんて思わないでください。実際にそれで病気が進行して……といったケースがありました。

 

なので、心配せずに少しでもおかしいなと思ったら気軽に診察にいらして欲しいですね。

 

反対に若い女性の患者さんの時には、安心のためにずっと付き添うようにしています。

 

若い女性の患者さんは男性医師に「見られるのが恥ずかしい」と思っているので、そこも気を付けて配慮するようにしています。

 

Q2、泌尿器科では患者さんにどのような配慮をしていますか?

このような質問も多かったです。
ほかには

 

・事務で問診されるのが恥ずかしい
・人が多くがいる待合室で、名前を呼んでほしくない
・知り合いの医療従事者がいたらどうしよう
・先生や看護師さんは、患者さんの診察内容を他の人に話すのか

 

皆さん本当に心配されていますね。

 

わたしたち医者、看護師、事務員は日頃から患者さんのプライバシーや羞恥心の配慮にはとても気を使っています。

 

まず事務での問診ですが、わたしが働いている泌尿器科では、問診票に記入してもらうので大きい声で聞かれることはありません。

 

ほかの泌尿器科ではわからないので、もし不安であれば来院する前に電話で問い合わせしてみたらいいと思います

 

名前で呼び込むとこですが、これはクリニックや病院によります。

 

プライバシーに配慮して名前をではなくて、『番号札』でよぶ医療機関もありますし、患者さんの取り間違えをしないようにと必ず名前で呼ぶようにしているところもあります。(番号札でよんでも、診察時に名前確認はします)

 

これもそこの医療機関によるので、気になるようなら問い合わせしてみてください。

 

ほかによく聞かれるのが「知り合いが患者さんできたらどうするのか」という点です。

 

これはほとんどの看護師は『知らないふり』をします。それか担当から外してもらいます。やはり患者さんには、安心して診察や検査、治療を受けて頂きたいですし、わたしたち看護師も流石に知り合いが来たら、ちょっと気まずいですね……。

 

そして患者名、病名、診察内容、検査結果は絶対に外に漏らしません!

 

これはわたしたち医療従事者は『守秘義務』があるので漏らすことは禁じられています。

 

看護師や事務員が勝手に患者さんに、検査結果や病名を告げることもできません。あくまでも病名や検査結果は医師からいうという決まりになっています。

 

「電子カルテから、漏洩しないの?」と時々聞かれることもありますが、これも無いので心配しないでくださいね。

 

さいごに

わたしが実際に働いてるときに患者さんに聞かれたことや、インターネットで良く検索されている疑問や質問に対してお答えしてみました。

 

これをご覧になって頂いて少しでも、患者さんの不安や羞恥心が楽になればよいなと思います。

 

泌尿器科受診することは、けっして恥ずかしいことではありません。

 

少しでもおかしいなと思ったら、是非とも気軽に受診してみてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
TOP 泌尿器科の看護師になるために 給料・待遇 転職 業務解説 ブログ